ポイントスイッチ強化ばねカッチカチくん


T●MIXのポイントコントロールボックスN-S5531 N-S 5532  セレクタースイッチボックスN 5536はジオラマ レンタルレイアウト長年ご利用されている方は多いと思われます。

スイッチを上下動かして切り替えが可能になります。

繰り返していますとバネの金属疲労によりタッチが緩くなり最終的にはスカスカになってしまいます。

基盤はまだ使えるのに中のバネは破損してしまい新しいポイントコントロールボックスを購入するとポイントコントロールボックスが大量に余ります。

当方も半年間思考策行い検証致しました。

そこで開発した商品ポイントスイッチボックスバネになります。

 

ポイントコントロールボックス救世主名カッチカチくん!!

カッチカチくん取付方法

精密ドライバー+で3か所ネジを回して取り外します。

精密ドライバーは100円均一の精密ドライバーで簡単に外れます。

 

ふたを開けるとこのような感じで取り付けられていますバネが破損してる場合はスイッチボックスの中に破片がありますので破片を取り除いてください。

 

バネを外すとこんな感じになります。

基盤を確認するとすり減ってなく十分使用できますし、スイッチレバーも損傷はなくバネのみ交換すれば簡単に復活します。

付属クリーナーで基盤メンテナンス

 

基盤も擦れてくると汚れてきます。

接点が悪くなりますとスイッチ自体切り替えの反応が悪くなります

付属クリーナーで基盤を拭いてあげると基盤が黒くなってます。

サッと拭くだけで大丈夫ですのでこの機会にメンテナンスしてみてはいかがでしょうか。

 

カッチカチくんを取付てみましょう!

 

 

 ポイントスイッチレバーを写真のように手前側にしてからバネ側の長いバネを先にスイッチレバーの差込口に差込ます。

入れましたら次に短いバネを左側のカバー側にバネを差込みます。

差し込みましたら反対側の蓋を閉めるとパチッと音が鳴ります

これでカッチカチくんの取付は終了です。

後はネジで3か所止めるだけ。

 

真ん中をネジを止めて左右ネジを止めるとしっかりハマります。

これで完成です。

ポイントコントロールスイッチも治りました、切り替えタッチも良くなり

切り替えた感が実感できます。

カンタンですので是非試してみてはいかがでしょうか?

レンタルレイアウト店舗様でポイントコントロールBOXの故障が多い店舗様

自宅でジオラマで展開されてるオーナー様是非一度使用してみてはいかがでしょうか?