レール工房花蓮ができるまで

2012年当方はカードショップを運営していた時とある夢を見た。

鉄道模型を走らせてカスタムしている夢でした。その車両が国鉄型165系でした。とあるオークションで販売していてどうしても欲しいと何も考えなく落札したのが始まりでした。小さい頃は電車が好きで東京まで写真を撮影したり鉄道模型を購入して叔父の家にジオラマ自分で作成したりしました。歳を重ねて鉄道の興味も薄れていき20代は車の走りに夢中しスポーツカーを乗り回し腕を磨いていました。

車もブームも去りなんとなく始めたカードショップ経営

私も夢を見なければ鉄道に再度カムバックはなかったと思います。

今は進化しどんどん鉄道模型も実車に近くなり古い車両は引退していきます。

リアルに再現し満足できる車両をカスタムしていきたいと

私の望みです。